NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

きこりのろうそく

2月に入ったら暖かくなる、と言わなかったかな?
確かに今は暖かいですが、午後4時、鬼首山学校の廊下は0.5度。
それに今朝もドアを開ければ、大量の積雪(:-<)

雪の壁は益々高くなるし、朝晩は真っ白く吹雪くし、道を歩く時は車と雪を除ける事だけに集中!
・・・?・・・名前を呼ばれたような?
・・・?・・・気のせいかな?
・・・?・・・空耳かな?風の音かな?
雪の中、その場でクルクル。
3回ターンして声の主を探しましたが、やっぱりいない(:-<)と首を傾げたら、雪の壁の遠く向こうから、呼ぶ声と小さな犬たちが。
3回まわってワン?ワン。かな、2匹だったので(:->)
用件は、おはよう、でした。カワイイです(:->)

さて、『きこりのろうそく』。この名前もカワイイです(:->)
でも、きこりのロウソク?
a0138198_14133922.jpg
私の中で、木こりは森と切り株のイメージです。
現実的には、ヘルメットにチェーンソーかな?これでは、木こりと、か。
木こりに、でも、木こりが、でもなくて、きこりの、ろうそく。
a0138198_14224232.jpg
「ロウソクみたいでしょ?」
ホント!! ロウソクみたい!!

今日の講師は、鬼首山学校・木工室で黙々と作業をする山学校の生徒です。
a0138198_14253135.jpg
ただ黙々と。
グォ~ングォ~ン?ギュイ~ン?ヘッドバンギングしたくなる程の音量にリズム。
部屋は むせ返る程に埃が舞い散る中、ただ黙々と。危険作業ですから真剣ですね。

木に切れ目を入れて?
a0138198_14425754.jpg
雪にグスッと挿して?
真ん中に入れた芯に火をつけると?
オォ!
a0138198_14462074.jpg
「長い方は松明仕様です。火がついたまま移動もできます。」
持ち運び、楽々なのね。見た目もトーチの様です。

「これでお湯を沸かすこともできます。」
a0138198_14531145.jpg
ほぉ!木だけでコンロにもなりますか!

途中で消したくなったら?
「長い方は、燃えた部分を切れば良いですが、短いのは燃え尽きるのを待ちます。薪のようになります。」
a0138198_14565658.jpg
長い方は、雪につけて消してもらいました。
濡れた部分は切り落として、再び切れ目を入れて使います。
きこりのろうそく、成功のポイントは乾燥なんですって。

では、短い「きこりのろうそく」を追ってみましょう(:->)

1.着火の2分後
2.さらに2分後、ススが出てきましたね。
3.さらに2分後、木が黒くなってきました。
4.着火から15分が経つと完全に開いてきました。
a0138198_14582958.jpg
オォ?1分で大きな変化がありました、着火後16分。
a0138198_1574274.jpg
そして、着火後 約30分で殆ど燃え尽きました。
開始から1時間後にはボロボロ。
これ以降は、変化がありませんでした。

「どんな木でもできるのですが、木の種類によって燃え方は違います。
スギの様に火力の強い木は、すぐに燃え尽きます。
一般的に、針葉樹は燃えやすいです。
逆に、広葉樹は燃えにくく、ゆっくりと燃えます。
サクラなら良い香りがします。サクラは燻製に使うでしょ?」
a0138198_15194167.jpg
「北欧の木こりが、これで暖をとったり、明かりをとったりしていたことが由来のようです。
WOODSMAN CANDOLと言います。
スキー場で試していると、声をかけられる事がありますよ。不思議だって。」

・・・何が不思議なのですか?

「何故、木が立ったまま燃えているのだろう?って(:->)」
a0138198_15171448.jpg
立ったまま燃える木?確かに見たことが無いかも?

きこりのろうそく、まだまだ改良中。
きつね森の木を使って「きつねのろうそく」?
イベントでは特大ろうそくをお披露目予定!楽しみです(:->)
[PR]
by yamagakkou | 2011-02-01 16:44 | 鬼首山学校