NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

屋根の雪下ろし 1

今日は日射しがあり、雲もの~んびり、の~んびり、穏やかに流れる鬼首です(:->)

昨日から、今も、屋根の雪がドドドド~ッと派手に雪崩れ落ちています。
暖かくなる事も、雪が落ちる事も、非常に待ち望んだ事ですが、緩んで雪が重くなるのは困ります。
水分を含んだ雪も、圧雪も、氷と化した雪も、全く私の手には負えません(:-<)

力の無い私には、プラ製スノーダンプとアルミ製スコップが精一杯の使える道具で、除雪道具が重くなると作業効率が格段に落ち、つるはしは持つだけで気が遠く・・・。
雪国で暮らすには鍛えなければいけません(:-<)

積雪がまだ軽く、吹雪いてもいない、このお天気の内に1月分の大量の積雪を何とか減らさなければ~!
硬くて重い雪は危険度も、除雪の難易度も増します(:-<)
どうやら そう思っているのは私だけでは無いようで、どこでも大規模な除雪が盛んに行われています。
我が鬼首山学校のメンバーも無人住居の屋根の雪下ろしに出かけました。
a0138198_13373456.jpg
働く車は素晴らしいですが、どうしても人力でないと対処できない場所は沢山あるのです(:-<)

あぁ、気をつけて!とハラハラ。
高い所は大好きなので本当はお手伝いしたいのですが、どう考えても足手まといな私は自分の仕事をします(:-<)
a0138198_13392583.jpg
あれ?校長。梯子を取り上げてしまうのですか?
彼らが降りられなくなりますよ?あぁ!除雪の邪魔になるのかな?

スコップと梯子を抱えて、すたこらすたこら、奥に進んでいく校長。
a0138198_13431856.jpg
生徒たちが屋根から降りる時には迎えにいくのかな?
彼らのいる場所は雪がどこから飛んでくるか分からないし、車通りもあるので、こっそり校長について行くことにしました(:->)
この林はドコ?と言いたくなる広い景色ですが、山学校はすぐソコです。
a0138198_13452525.jpg
雪の山で校舎は隠れていますが、禿岳の白い頭が見えますね。
ここは、鬼首山学校のお向かい、大崎市八幡原の市営住宅です。
a0138198_1348554.jpg
このように雪かきに至るまでも大変で、足が雪に埋もれて動きが取りにくそうでした(:-<)
ウロウロしたいけれど体は全くウロウロできていない、モゴモゴした様子です(:-<)
a0138198_13543686.jpg
「やぁ~、これはひどいな。」「困ったな。」「進めない。」
危険なので遠くにいた私にも、ずっと声が聞こえます。
a0138198_1359289.jpg
絶え間なく独り言が出てしまう程、衝撃の連続(:-<)なのか、私へのサービス(:->)なのか?
学校の向かいなので鬼首でも中心部なのですが、雪はこれ程に積もっています。

分かりやすいように、小さな校長を配置してみました(:->)
a0138198_1454189.jpg
手前でも長靴が埋もれる程、段差ができています。
右上のミニ校長のラインは、底はドコ?という位、クスックスッに沈むので、最初の一歩はかんじきだった形跡が・・・。
あぁ、大除雪。他のメンバーはいかに?続きは明日(:->)
[PR]
by yamagakkou | 2011-02-02 14:40 | 鬼首山学校