NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

まだまだキノコ!

今日の鬼首はどんよりとした雲に覆われて、朝になっても街灯がついたまま。
朝、なかなか起きられず、お蒲団が恋しい季節になりましたね。
大人はあまり雪が降らないといいな・・・と思っている方が多いでしょうが、子供達はちょっと違います。
鬼首の子供達に「鬼首で一番好きな場所は?」と聞いてみたことがありますが、ほとんどの子が「冬のスキー場」と答えました。
早く雪遊びやスキーがしたい!とワクワクしながら雪を待つのも楽しいかもしれません。
「今日は午後から山沿いだけでなく平野部も雪が降る予報です」とミーティングで校長が言いました。
明日から12月だし、本格的に冬の始まりですね。
そしてオニコウベスキー場のオープンは12月17日(土)です。
子供達の願いどおり、そして大人の願いもふまえて(?)ほどよく雪が降ってくれるといいですね!

さて昨日、山学校の職員が山へキノコ採りに出かけました。
職員お手製の「てっこ」から出てきたムキダケ・・・
a0138198_10191480.jpg
その大きさに、山学校一同ビックリ!よくこんなに大きくなるまで腐らなかったものです。
私は一瞬ほかのキノコだと思ってしまいましたよ。
横にある黒いキノコもやっぱりムキダケ。
山で見たら私はこの二つが同じキノコだとは思わないだろうな~。

こちらは山学校のナメコ!
a0138198_10461942.jpg
もうナメコの季節は終わったとばかり思っていましたが(^ ^;)
とっても茎が長~いナメコ。ちょうどいい大きさでとっても美味しそう。

そしてこちらは「まめ柿」・・・これが柿ですか?
a0138198_11453121.jpg
食べられますよ!と言われたので口にいれてみると確かに!あんぽ柿みたいな味がします。
まめ柿の木はどこに生えているのですか?と校長に聞いてみると「古い農家の庭!」との答えが。
食べるために植えるのですか???「柿渋を採るためです」柿渋?渋柿なら聞いたことがありますが・・・
「柿渋は防腐作用があるので桶などの木製品に塗るんです。」そうですか~。
調べてみると漆塗りの下塗りにも使われる・・・などと書いてありました。鬼首は昔、塗り物も作られていましたからね、納得です!
また火傷やしもやけにも効く民間薬としても使われていたんだとか。いろいろな用途があったようです。
「私が小さい頃は雪の上に落ちたまめ柿を食べてましたね。」あ、やっぱり食べたりもするんですね。
鬼首の子供達は、いろいろな実を知っていて、これ食べられるんだよ!と教えてくれたりします。
保育所にも、なるべく食べられる木を植えたいと言っていた先生もいました。
きっと自然や畑が身近にあるので、採って食べるという事が当たり前なんですね。

明日から12月だけれどまだまだキノコも畑も元気です!
雪に負けずにガンバレ~!
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-30 15:45 | 鬼首山学校