NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

鬼首小学校 学習発表会

12月2日に鬼首小学校の学習発表会が行われました。
山学校でも、3・4年生のそばや高畑の高原大根の学習、そして5・6年生の桶作り体験などの学習に関わってきました。
その度に、12月の発表会ではどんな風に発表してくれるのかな?と楽しみにしてきました。
発表は前半と後半に分かれていて、1・2生は「さつまいもの観察」、3・4年生は「鬼首うまいものさがし」、5・6年生は「鬼首再発見」というテーマで行われました。

1・2年生の発表がある音楽室の前を通ると、なんだか甘~い香りがしてきました。
「さつまいもの観察」の発表です。
a0138198_12564360.jpg
さつまいもの苗植えからお世話、いも掘り、スイートポテト作りまで、細かく発表していました。
「お世話をいっぱいすると、おいしいさつまいもができます」「大きいおいもが採れてビックリしました」など、、低学年らしい素直な感想がほほえましく感じられました。
発表の最後はみんなにスイートポテトが配られました(^ ^)甘い香りはこれだったのですね。
3・4時間目に子供達が作ったスイートポテトは甘くてとってもおいしい!
きっといっぱいお世話をしたからおいしいさつまいもになったんだね(^ ^)

次に向かった3・4年生の教室には調べた内容をまとめた大きな紙が、上からたくさんぶら下がっています。
a0138198_13364871.jpg
これはそばの花の観察会の事をまとめたもの。
長柱花と短柱花、訪花昆虫など、しっかりと学習してくれたようです(^ ^)
a0138198_14311789.jpg
そばはもちろん、高原大根についても、クイズなども交えて楽しく発表してくれました。
そば打ちの先生もちゃんと見に来てくれました。
子供達の中には「鬼首でおいしい食べ物ができるのは、豊かな自然環境のおかげなのでこれからも大切にしたい」という感想もあり、とても嬉しく思いました。

5・6年生の教室へ行ってみると、子供達が手にプリントを持ってやって来ました。
「よろしくお願いしま~す!」と配られたのはコチラ。
a0138198_1257978.jpg
鬼首ツーリスト企画のツアー日程表です。
5・6年生は4チームに分かれて、チームごとに鬼首巡りのツアーを企画したようです。
「春の鬼首みどころまんさいツアー」「歴史を巡るヒストリーツアー」「地場産品をめぐるツアー」「思わずビックリ!魅力満載紅葉ツアー」・・・参加したらとても楽しそうなツアーばかり。
教室に入ると、「そうだ!鬼首へ行こう!」ここは旅行会社なんですね(^ ^)
そしていよいよ発表の始まりです。
「春の鬼首みどころまんさいツアー」は、山菜採りやウォーキングに登山、かんけつ泉に温泉と、鬼首の魅力がギッシリ詰まったツアーとなっていました。山菜の種類、食べ方なども良く調べられていて、「採った山菜はお昼に天ぷらにして食べます」・・・なんて、本当にそういうツアーがあったらいいのにな(^ ^)
「歴史を巡るヒストリーツアー」は、鬼首という地名の由来や鬼切部城、金華山号、鳴子ダムの事がよく調べられており、聞いているだけで鬼首博士になった気分。
後半の「地場産品ツアー」は山学校でやった桶作り体験や、高原大根についてよくまとめられていて、学習の成果が表れていました。
「思わずビックリ!魅力満載紅葉ツアー」は来年の秋探訪で本当に実施したら人気が出るのでは?と思ってしまいました。
なんだか学習発表というよりもプレゼンテーションを見ているようで、どのツアーに参加しようかな?とワクワクしてしまいました。
鬼首ツーリスト企画「鬼首再発見」は、鬼首に住んでいると当たり前すぎて見落としているものの良さを改めて感じるような、まさに再発見いっぱいの発表でした。

どの学年の発表も、いろいろなアイディアの詰まった発表だったと思います。
そして子供達は鬼首が好きなんだな・・・という思いが伝わってくるような内容でした。
大きくなっても、その気持ちを忘れないで欲しい・・・桶職人の金田さんを思い出した私でした。
[PR]
by yamagakkou | 2011-12-07 15:24 | 鬼首