NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

高校生の観光調査発表会

12月10日にオニコウベリフレッシュセンターで「高校生から見た鳴子温泉」と題して、観光調査発表会が行われました。
今回観光調査を実施したのは、中新田高校ビジネスコースの皆さんです。
10月の週末4日間にわたって、鳴子峡・鳴子温泉手湯で1000人以上の観光客にアンケートをとってまとめたものについてプレゼンテーションを行いました。
中新田高校の皆さんは、これまで3年間鳴子峡で動向調査を続けていたということで、3月の震災後、大崎市鳴子温泉にも震災の影響が出ているかという事が今回の調査の動機となったそうです。
a0138198_11585347.jpg
アンケートの内容は観光客の年代やどんな交通手段を利用して来たか、という基本的なものから鳴子や宮城県の観光地への要望、買ったお土産は?など全部で15問。
まとめた報告書の中には、これからの鳴子峡の観光を考える上でのキーワードがたくさん詰まっていました。
一つ一つの質問について、結果をよく分析し、まとめているなあと感心しました。
中新田高校の皆さんは学校以外でのプレゼンは初めてだということで、初めは少し緊張気味かな?という感じでしたが、最後まで立派に発表してくれました。
プレゼンが終わると、今回の調査結果から考えた高校生からの提案についてみんなでディスカッション。
a0138198_14231817.jpg
CMを流したらどうか?鳴子峡をライトアップしたらどうか?鳴子峡に遊具を設置したらどうか?など、いろいろな提案が出されました。
それについて参加した大人の方々からも意見が出され、活発な意見交換が行われました。
ディスカッション中に「実施します」という返答があった提案もありました(^ ^)よかったです。
これからの鳴子の観光について高校生と共に考えるという事は、大人にとっても良い機会だったと思います。
高校生の皆さんが一生懸命考えてくれた提案。ひとつでもふたつでも実施することができればいいですね。

ところで今回のアンケートで一番多かった観光客は・・・
車で宮城県内から紅葉を見に日帰りでいらっしゃった60代の方。鳴子には10回以上来たことがあるリピーター。お土産は栗団子!でした(^ ^)
10回以上のリピーターが多いなんて驚きです。それだけ鳴子峡は一度来るとまた来たくなるような魅力ある場所なのでしょうね。
景観の良さだけに頼ることなく、たくさんの観光客に来ていただける魅力ある観光地にするためにはどうすれば良いか・・・そんなことを改めて考える機会になったいい発表会だったなと思いました。
[PR]
by yamagakkou | 2011-12-12 16:08 | 鳴子温泉