NPO法人 鬼首山学校協議会

yamagakkou.exblog.jp

NPO法人 鬼首山学校協議会事務局です! 大崎市鳴子温泉の鬼首(おにこうべ)地域で行われるイベントや交流会、観光案内など、鬼首のいろいろな情報を紹介しています!

<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

まだまだキノコ!

今日の鬼首はどんよりとした雲に覆われて、朝になっても街灯がついたまま。
朝、なかなか起きられず、お蒲団が恋しい季節になりましたね。
大人はあまり雪が降らないといいな・・・と思っている方が多いでしょうが、子供達はちょっと違います。
鬼首の子供達に「鬼首で一番好きな場所は?」と聞いてみたことがありますが、ほとんどの子が「冬のスキー場」と答えました。
早く雪遊びやスキーがしたい!とワクワクしながら雪を待つのも楽しいかもしれません。
「今日は午後から山沿いだけでなく平野部も雪が降る予報です」とミーティングで校長が言いました。
明日から12月だし、本格的に冬の始まりですね。
そしてオニコウベスキー場のオープンは12月17日(土)です。
子供達の願いどおり、そして大人の願いもふまえて(?)ほどよく雪が降ってくれるといいですね!

さて昨日、山学校の職員が山へキノコ採りに出かけました。
職員お手製の「てっこ」から出てきたムキダケ・・・
a0138198_10191480.jpg
その大きさに、山学校一同ビックリ!よくこんなに大きくなるまで腐らなかったものです。
私は一瞬ほかのキノコだと思ってしまいましたよ。
横にある黒いキノコもやっぱりムキダケ。
山で見たら私はこの二つが同じキノコだとは思わないだろうな~。

こちらは山学校のナメコ!
a0138198_10461942.jpg
もうナメコの季節は終わったとばかり思っていましたが(^ ^;)
とっても茎が長~いナメコ。ちょうどいい大きさでとっても美味しそう。

そしてこちらは「まめ柿」・・・これが柿ですか?
a0138198_11453121.jpg
食べられますよ!と言われたので口にいれてみると確かに!あんぽ柿みたいな味がします。
まめ柿の木はどこに生えているのですか?と校長に聞いてみると「古い農家の庭!」との答えが。
食べるために植えるのですか???「柿渋を採るためです」柿渋?渋柿なら聞いたことがありますが・・・
「柿渋は防腐作用があるので桶などの木製品に塗るんです。」そうですか~。
調べてみると漆塗りの下塗りにも使われる・・・などと書いてありました。鬼首は昔、塗り物も作られていましたからね、納得です!
また火傷やしもやけにも効く民間薬としても使われていたんだとか。いろいろな用途があったようです。
「私が小さい頃は雪の上に落ちたまめ柿を食べてましたね。」あ、やっぱり食べたりもするんですね。
鬼首の子供達は、いろいろな実を知っていて、これ食べられるんだよ!と教えてくれたりします。
保育所にも、なるべく食べられる木を植えたいと言っていた先生もいました。
きっと自然や畑が身近にあるので、採って食べるという事が当たり前なんですね。

明日から12月だけれどまだまだキノコも畑も元気です!
雪に負けずにガンバレ~!
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-30 15:45 | 鬼首山学校

しめ縄作り

今日の鬼首はポカポカ陽気。
明後日から12月だなんて思えないようないいお天気です。
隣の鬼首小学校からはパワ―タイムの音楽が聞こえてきました。
子供達も先生も一緒になって今日も走ってます!寒い冬に備えて体力をつけて欲しいですね。

さて、昨日のこと。
鬼首地区公民館ではお正月に向けて、豊齢学級の皆さんのしめ縄作りが行われました。
a0138198_16395565.jpg
作ってみたい人には教えてくれるという事なので、山学校職員と一緒に参加してきました。
早速しめ縄作りに挑戦です。私は近所のおばあさんに教えて頂くことになりました。
a0138198_1104714.jpg
まずはこの状態のわらを三つに分けます。真ん中は編まないので両はじのわらを更に三等分します。
その三等分したものの二つを、手のひらでねじるようにして編んでいきます。
豊齢学級の皆さんは手のひらで転がすようにどんどん編んでいきますが、私はぎこちない手つきで一回ずつゆっくりと編むのがやっと・・・不器用なのです(^ ^;)
編み上がったら、残ったもう一つをねじって先程編んだ縄に絡めて編んでいきます。
上手な人のは、後から絡めた縄がどれか分からないほど自然に混ざっているのです。
「少し太くなっちゃいました・・・」とみて頂くと、「ちゃーんと直してやっから大丈夫だ~」と大らかな返事が。
a0138198_13195882.jpg
豊齢学級の方に編み上がった縄をくるっと丸めて止めていただきます。すると・・・
a0138198_13203924.jpg
こんな風になります\(^ ^)/
ちなみにしめ縄は左巻きで、普通の縄は右巻きなんですって。初めて知りました。
不器用なので止めておけば良かった・・・と思いながら始めたしめ縄作り、おばあさん達に上手だと褒められてなんだか楽しくなってきました。
「昔は運動会で、縄ない競争なんかあったよな~」「んだ~!」「子供のころからいっつも縄ないしたんだよ~」
縄ない競争!面白そう!なんて盛り上がっていると
a0138198_13212750.jpg
一緒に参加した山学校の職員も楽しそうに編んでいる様子(^ ^)
まだ飾り付けは早いから今日はここまで!という事で、お昼を一緒にいただいて帰ってきました。
a0138198_13232653.jpg
12月に入ったら飾り付けをするそうです。
飾り付けにも参加しようと思いました。完成形が楽しみです(^ ^)
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-29 14:36 | 鬼首
今日の鬼首はどんよりとした雲に覆われています。
かといって、寒くはないので意外と作業日和かもしれません。
12月がもうそこまで来ていますからね(^ ^)

先日行われた鬼首小学校のそば打ち体験の続きです。
こね鉢の中できれいに丸くまとめられたそば。
⑤丸くなった生地を手のひらでのばしていき、さらに麺棒を使って薄くのばします。
a0138198_1344514.jpg
麺棒の使い方も上手です!でもなかなか薄くならないんだよね・・・いろんな方向からのばして、のばして、薄くなったら・・・
⑥いよいよそばを切ります!そば打ちの作業はこれで終了。でも切る作業が一番面白いかもしれません。
a0138198_13475477.jpg
いつ見てもスゴイ包丁です・・・(^ ^;)
慎重にゆっくりと切る子、きれいに幅を揃えて切る子、豪快にどんどん切っていく子・・・やっぱり個性が出ますね。
「細いそばはいつでも食べられるから」と、あえて(?)太く切っているという子もいました。なるほどね!

となりの調理室では豚汁と天ぷらチームが調理中。
a0138198_1415075.jpg
猫の手~!と言いながら野菜を切ったり、天ぷら粉を混ぜたり楽しそう。
a0138198_14155998.jpg
そば組合の高橋さんは、みんなが一生懸命打ったそばを茹でてくれていました。
そして出来上がったのがコチラ!
a0138198_14191732.jpg
美味しそうなおそばが出来ました。
それでは早速、いただきま~す!
a0138198_14315120.jpg
みんないい食べっぷり(^~^)美味しさが伝わってきます。
これはちょっと太いね・・・これは細くて上手!などと口々に言いながらの試食タイム。
いくらでも食べられそう!と子供達。自分で打ったそばは格別ですね。

自分達で種を蒔いて、そば打ちをして食べたそば。
「鬼首のうまいものさがし」、「うまいもの」はいくつ見つかったかな?
学習発表会は今週末。どんな発表になるのでしょう?
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-28 16:58 | 鬼首
11月22日に鬼首小学校のそば打ち体験がありました。
今回参加したのは3・4年生14人組の親子、28人です。
a0138198_1342312.jpg
鬼首小学校の3・4年生は総合学習で「鬼首うまいものさがし」というテーマで学習発表をするそうです。
6月に種を蒔き、7月にはそばの花の観賞会もしました。
そば生産組合の高橋さんから「そばの花は2種類あるんでよね?」と聞かれた子供達。
「長い花と短い花~!」と口々に答えます。学習したことをしっかり覚えていました。感心です!

まず、鬼首公民館長さんからお話です。
「昔、鬼首は寒くてあまり米が採れなかったので、おなかいっぱい食べることができませんでした。でも、昔の人が知恵を絞って、鬼首の寒い気候がそばに向いていると考えてそばを作り、おなかいっぱい食べられるようになりました。鬼首は水がきれいなので美味しいそばが採れます。今日は頑張って美味しいそばを作ってください。」
鬼首は寒いので米はたくさん採れないけれど、それならば寒い気候に向いているものを作る・・・高畑の大根もそうでした。
昔の人が知恵を絞って作ったものが、今、鬼首の特産物となって鬼首を支えているんですね。
次に山学校校長からのお話です。
「みんながたくさん蒔いたそばは、半分は鳥が食べてしまいました。鳥の命を救いました!」・・・なんというポジティブシンキング!確かに命を救ったと言われると、食べられたのも仕方ないか・・・という気持ちになりますが。
みんなで記念撮影してから、そば打ちチーム、豚汁チームに分かれて調理開始!

まずはそばの先生からのお話。「今までけがをした人は一人もいないので、第一号にならないように気をつけてください」
ああ、良かった。鳴子小学校の後も先生はそば打ち体験で忙しかったはずですが、けが人0を更新中でした。
そしていよいよそば打ちの始まりです。
①粉をよ~く混ぜ合わせます。指を立てて、グルグルと円を描くように混ぜます。
a0138198_13593383.jpg
②よく混ざったら、水を半分位入れて、さらにグルグルと混ぜていきます。
a0138198_14183732.jpg
③水を全部入れて、さらに混ぜていくと・・・
a0138198_1419221.jpg
こんな感じになりますよ。
④そば粉が十分水を吸ったら、次はあまり力を入れすぎずにこねていきます。
a0138198_1420398.jpg
⑤大体まとまってきたらクルクルとこね鉢の上でまとめていきます。
a0138198_1425662.jpg
しばらく丸めているとホラ!
a0138198_14482384.jpg
きれいに丸くなりました。
と、ここまで見ていると、この間の鳴子小学校のそば打ちとは何か違った感じがします。
何が違うのかな?そう!
「そば打ち体験、今までやったことがある人?」は~い!次々に手が上がりました。
やっぱり!鬼首の子供達ほとんどが初めてのそば打ちではないんですね。
だから、これが本当にそばになるのかな?という疑問が出ないのです。
そしてお母さん達よりも子供達の方がそば打ち体験の機会が多いので、子供達の方が積極的にお母さんをリードしてそば打ちを進める姿が見られました。
小さいころから地域の行事などに参加して体験したことを、しっかりと吸収している子供達がとても頼もしく感じました。

~その2へ続く~
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-25 09:58 | 鬼首
今日の鬼首は雨・・・
天気予報では、「雨か雪が降る」と言っていたのですがとりあえず雨でホッとしています。
ただし、午後には雪に変わるという予報なので注意が必要ですね!

さて、ここは縄文「鬼の蔵」
a0138198_10505447.jpg
11月22日・いい夫婦の日に、毎年恒例の「鬼の蔵フリー雑コンサート」が開催されました。
今回で何回目のコンサートですか???と校長に質問したところ、「多分25回以上です」とのアバウトな答えが・・・
まあ、そんなことはいいとして(^ ^)
昔、私達夫婦がここで「縄文式結婚式」を挙げたとか、そんなこともいいとして(^ ^;)

a0138198_11221480.jpg
MC兼トップバッターの山学校校長が登場です。
久しぶりに真面目に(?)歌っている所を見たような・・・(^ ^;)

そしてoh!バンデスでおなじみ高橋佳生さんです。
a0138198_11261469.jpg
佳生さんの歌は思いのこもった、心に響く曲がたくさんありますね。
「時代」、「ふきのとう」、「あなたがいたから」などを熱唱!
子供達の「となりのトトロ歌って~!」というリクエストにも応えてくれました。
佳生さんの暖かい人柄がにじみ出てくるようなステージでした。

また、佳生さんの次は庄司眞理子さんも登場。
a0138198_11434740.jpg
明るく伸びやかな歌声で「涙そうそう」などを歌ってとても素敵でした。

そして校長の突然の指名でステージに上がった出演者の皆さんと♪上を向いてあるこう♪をハワイアンバージョンで。
a0138198_11594157.jpg
震災があった今年だから聞きたい曲がたくさん詰まったコンサートだったと思います。
コンサートの後は美味しいキノコ汁が振る舞われました。
心も体も温まる、楽しい2?回目のフリー雑コンサートとなりました。
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-24 13:20 | 鬼首

山の文化祭

週末は暖かかった鬼首ですが、昨日は朝から雪でした。
昨日の雪が今日は雨に変わり、校庭に積もった雪も消えてしまいました。
まだ冬の備えが終わっていない私はホッとしましたが、早くタイヤ交換をしなければ!
今晩は鬼の蔵にて毎年恒例のフリー雑コンサートが開かれる予定です。
鬼首にいらっしゃる方は、早めのタイヤ交換をお願い致しますm(_)m

さて、もう晩秋というよりは初冬といった方がよいのかもしれませんが、気分はまだまだ芸術の秋。
11月19・20日の二日間、鬼首基幹集落センターでは山の文化祭が開催されました。
a0138198_14152743.jpg
会場はいつものようにほのぼのとした雰囲気。
入口のすぐのロビーでは、13日で今期の営業を終えたやまが旬の市の直売所がオープンしていました。
a0138198_162719.jpg
むかごにひょうろぎ、ハックルベリーのジャムに珍味づけなどがズラリ。もちろん試食も用意されていて、調理法もちゃんと教えてくれます。

1階で行われていた木魂の会の実演コーナーにはたくさんの人が訪れていました。
a0138198_14171758.jpg
木地、桶、こけし、つる細工の職人の皆さんと一緒に山学校職員もデビューです!
a0138198_14364891.jpg
すげで編んだバッグもなかなかの人気です(^ ^)

そして菜種油絞り体験コーナー。
a0138198_1444534.jpg
こちらがお借りしてきた「油絞り機」。この機械で菜種油を絞ります。
上から菜種を入れると、油と絞りカスが同時に出てきます。
やってみると油カスがニュルーッと出てきて結構面白い(^ ^)
しかしこの菜種油、何に使えばいいのでしょうね?
a0138198_156345.jpg
秋探訪のフォトコンテストの発表も!目にも鮮やかな赤や黄色の紅葉の写真がたくさん展示されています。
改めて、鬼首は美しい自然に囲まれた土地だと感じました。
でも、この写真の風景からまだ一カ月もたっていないのに、もうずいぶん前のような気がしますね(^ ^;)

そして二階は鬼首地区民による展示コーナー。
a0138198_162271.jpg
手芸にお習字、子供達の絵など、鬼首地区の皆さんの力作が勢ぞろいしています。
a0138198_1635213.jpg
右の書道は「崖」という字だそうです。スゴイ!
同じ地区に住んでいると、この人がこんな作品を作るのか!という驚きがあったりして特に面白いですよ。
a0138198_16123668.jpg


さて、ここまでで、何かが足りないとお気づきの皆さん。
そうなんです、今回残念ながら、そば道場の日に行く事ができなかったのです(> <)
ブログにそば道場の案内まで載せていながら・・・ああ残念!
来年こそはそば打ち体験をするぞ~!
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-22 16:56 | 鬼首

こんな所に紅葉が!

今日もとてもいいお天気です鬼首。
明日からの森の文化祭には山学校も出品するので準備が行われています。

雪が降った朝、校長から「今日は山学校からのカムロの写真を撮ってください」と指令が出ました。
はい!と元気に返事をして早速撮りに行きましたが、そういえば校庭をこうして歩くのも久しぶり・・・と周りをキョロキョロ見渡しながら歩いて行くと・・・!!!
どんぐりのジオラマがまだ紅葉しています(・ ・;)
もっと前から紅葉していただろうに、今頃気づくとは・・・我ながら遅すぎます!
そういえばあれはまだ9月の暑い日、山学校の職員総出でどんぐりのジオラマの草取りをしたのでした。
a0138198_1785221.jpg
あの時はまだ青々としていたどんぐり。
今はこんなに紅葉しています。
a0138198_171004.jpg
もっと早く気付いてあげれば良かったな。
a0138198_17104765.jpg
ここは冬になると雪に埋もれてしまうけれど、雪の下でじっとガマンしているんだよね。
山学校で進めている「どんぐりの森づくり」
どんぐりの木(コナラ)は薪や炭、シイタケなどキノコのホダ木にになります。
広葉樹の落ち葉は豊かな土を作ります。
また、二酸化炭素を減らし、酸素を生み出すことで、地球温暖化防止につながります。
秋にみんなでせっせと拾った小さなどんぐり。
a0138198_16291952.jpg
このどんぐりが大きく育ってくれたら嬉しいな!
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-18 16:49 | 鬼首山学校
今日の鬼首は穏やかないいお天気です。
でも朝はどんよりと曇った空に雪がチラチラ舞っていて、このまま冬に突入するのかな?と思ってしまいました。
今日も山学校の校長と職員は湖畔公園の雪囲いに行きました。
こんな天気だと仕事がはかどりそうですね(^ ^)

11月12日に弦楽合奏団ゲッケロゾリスデンのコンサートが開催されました。
ゲッケロと言えばもう鬼首ではお馴染みですよね。
ゲッケロゾリスデンの皆さんは、今年の1月にクラッシック音楽の普及に努めたアマチュア音楽家や団体に贈られる「志鳥音楽賞」を受賞されました。
「音楽の出前とどけます」のキャッチフレーズのもと、様々な場所で楽しいコンサート活動を行っているゲッケロの皆さんにピッタリの賞だと思います。おめでとうございます!
今年で15回目になるこのコンサート、実は3月12日に行われる予定でした。
3月11日の震災で中止になりましたが、ゲッケロの皆さんのご好意により今回の開催が決まりました。
a0138198_14433455.jpg
今回のコンサートではクラッシックはもちろん、村祭りなどの童謡やソーラン節などの曲も演奏されました。
代表の原さんのお勤め先は気仙沼だそうです。
気仙沼と言えば今回の震災で特に津波の被害の大きかった地域ですが、気仙沼の方々は「海と仲直りしよう」と話しているそうです。
そんな気持ちを込めて演奏されたソーラン節は、とても心に響く音色でした。
a0138198_1701612.jpg
そして素敵な歌も「サウンドオブミュージック」から3曲。子供達の大好きな「ドレミの歌」は会場の皆さんも口ずさんで楽しい雰囲気です。
恒例の森の歌姫の友情出演です。
ゲッケロのハッピと森の歌姫のTシャツ、まるで揃えたかのように同じ鮮やかな緑色です。
a0138198_9474353.jpg
昴、ズンチャッタバンチャッタのほか、鬼首中学校の「幻の応援歌」も演奏されました。
a0138198_10385036.jpg
そして今回のコンサートでは、鬼首小学校の校歌をCD化するために録音が行われました。
会場には鬼首小学校の子供達はもちろん、先生方、そして鬼小OBやOGもたくさん集まりました。
ゲッケロの皆さんの演奏に合わせて、会場全員で校歌を歌いました。
練習を含めて3回目でOKが出て良かったです(^ ^)
アンコールにもしっかりお応えいただき、楽しいコンサートになりました。
a0138198_10593432.jpg
さて、今回録音した鬼首小学校の校歌ですが、年内のCD化を目指しているそうです。
楽しみです!早く聞いてみたいな(^ ^)
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-16 14:45 | 鬼首

冬支度

今朝の鬼首は白い朝
雪は山だけでなく、里にも降りました。
朝もチラチラと舞っている雪に子供達は「ね~え、スキーウェア着て行った方がいいかな?」
いや、まだ着なくていいと思います!
鬼首の子供達は、冬はスキーウェアで登校します。
雪が積もると校庭で全身雪まみれで遊んでいて、ちょっと羨ましい光景ですよ(^ ^)

朝は真っ白だった鬼首ですが、お日さまがさしてきました。
屋根にうっすら積もった雪が解けて、屋根からポタポタと落ちてきます。
窓から見える景色は、昨日までとなんら変わりはありません。
でも、山学校から見えるカムロは冬バージョン。
a0138198_10262218.jpg
私が山学校に来た時はまだ夏だったけれど、たった3か月でこんなに景色が変わるとは。
春から夏にかけての風景より、夏から秋、冬にかけての方が変化が分かりやすいですね。
a0138198_1102753.jpg
学校裏の畑では、野菜にもうっすらと雪が。
そういえば、白菜は一回雪にあたった方が美味しくなると聞いたことがあるような気もしますが、本当かな?

今日の雪を予期した山学校の職員は、昨日のうちに高畑の大根を抜きに行きました。
a0138198_1185083.jpg
軽トラックの荷台いっぱいの高原大根!いったい何本あるのでしょう?
洗った大根を乾かすため、床いっぱいに並べられました。
a0138198_11115646.jpg
オオー!立派な大根です。女性は片手では持てないかもしれません。
スーパーではあまりお目にかかることのない鬼首高原大根「くらま」
割れやすいので扱いが難しいそうです。
美味しいものってやっぱり手がかかっているんですね。それとも手をかけるから美味しくなるのかな?

そして今日、山学校の職員は荒雄湖畔公園の片付けに行っています。
テニスコートのネットを外したり、トイレや水道の水抜きをしたり。
着々と進む冬支度。
でも、山学校の木々の冬囲いや畑のかたずけなど、仕事はまだまだありますね。
秋が終わっても、やっぱり忙しい山学校でした(^ ^)
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-16 13:46 | 鬼首

びん詰めの作り方

寒くなる寒くなると毎日のように言われながらもいいお天気の鬼首。
外はポカポカ暖かそうに見えて、意外と風が強いのです。
今日、山学校職員は高畑に高原大根を抜きに行っています。
きっと高畑はさぞかし寒いんだろうな・・・。
校長の話によると今晩はかなり冷えるそうだし、11月になってもまだ1回も雪が降らないなんて初めてだ!という話も聞きます。
そろそろ本当に雪が降るかもしれませんね。

さて、先週のブログで瓶詰め作りをしているとチラッと書いたのですが、今日はその「瓶詰めの作り方」編です。
秋はたくさんキノコが採れる鬼首ですが、保存の方法は主に3パターン。
冷凍保存・瓶詰め・缶詰めが鬼首では主流です。
鬼首には缶詰め工場があるので、キノコを栽培している家ではくきを切って洗ったキノコを缶詰工場に持って行き、缶詰に加工してもらいますが、家庭ではできませんよね。
家庭でできる方法は、半年以内に食べるなら冷凍保存、それ以上なら瓶詰めがオススメです。
家庭によって瓶詰めの作り方は多少違いますが、今日は山学校校長の方法で瓶詰め講習始まり始まり~!

今回はムキダケを使っていますが、他のキノコでももちろんOKです。
①洗った瓶を蒸し器に入れて、瓶を約30分蒸します
a0138198_10462871.jpg
②くきを切って洗ったキノコを約20分煮ます
a0138198_10493814.jpg
③キノコが煮えたら瓶にキノコを移します
a0138198_10523452.jpg
④全部の瓶にキノコが入ったら
a0138198_10551681.jpg
ふたを軽くしめます(熱いので蒸し器に入れたまま)
a0138198_113576.jpg
⑤そのまま約30分蒸します
a0138198_1154226.jpg
⑥30分蒸したら蒸し器から取り出してふたをしめます(とても熱いので気をつけて!軍手とゴム手を重ねたりするといいかもしれません。校長はふきんですが・・・)
⑦瓶が冷めたらもう一度ふたをきつくしめて出来上がりです(^ ^)

出来上がった瓶詰めは冷暗所で保存してくださいね。
そして瓶詰めの開け方ですが、普通に開けようとしてもなかなか開きません。
開かない時は、コンクリートなど固い所にふたをガンガンと打ちつけると(割れない程度にね)開きますよ~。
キノコがたくさん手に入ったら、ぜひ瓶詰めに挑戦してみてはいかがでしょう(^ ^)
[PR]
by yamagakkou | 2011-11-15 13:05 | 鬼首山学校